ファブスペース


 「3次元プリンタ」 はかつては製品開発のための特殊な機械だったものが、日常的に人々がアイディアを表現するための「メディア」として社会に普及しようとしています。
こうした新たなメディアの登場を、広く学生に伝え、ものづくりやデザインを専門とする一部の学生だけではなく、総合政策・環境情報のあらゆる学生にこの可能性を知ってもらい、個々の学習や研究に役立ててもらうために、メディアセンター内、クリエイティブスペースの一角に、『ファブスペース』を提案します。これは日本で初めてのことであり、未来の先導を標榜するSFCのコンセプトとも合致するものです。

-田中浩也

map_2015

        

  • (レーザーカッター)持ち込みPCをレーザーカッターに接続することはできません。
  • (レーザーカッター)素材はメディアセンターが指定したものを使ってください。
  • (3Dプリンタ)利用カートリッジの素材と色はこちらで指定させていただきます。
  • (3Dプリンタ)カートリッジの色を変更したい場合はAVカウンターもしくはファブスペースのスタッフにご相談ください。
  • (3Dプリンタ)カートリッジは専用のものを利用していただきます。外部から持ち込むことはできません。
  • (3Dプリンタ)申請書に記載したデータ以外のものの出力は認めません。
  • (3Dスキャナ)著作権に触れる利用はできません。読み取り対象物によっては利用をお断りすることがあります。
  • (3Dスキャナ)データの取り込み用にノートPCをお持ちください。
  • (3Dスキャナ)ノートPCにMakerbot Desktop のインストールが必要です。
  • (カッティングマシン)替え刃の交換・持ち込みはできません。
  • (ペーパーカッター)カッター刃の持ち込みはできません。
  • (デジタル刺しゅうミシン)上糸、下糸、ミシン針の持ち込みはできません。
  • (デジタル刺しゅうミシン)実用縫い機能は利用できません。
  • 機材構成は予告なく変更する場合があります。ご了承下さい。